メンテナンスコーティングの必要性

こんにちは、ミスター358の小嶺です!

よくメンテナンスコーティングについて尋ねられるので記事にします。

メンテナンスコーティングは各コーティング屋さんで考え方が様々です。

1年に1回必ずメンテナンスを受けて下さい。というコーティング屋さんもあれば、そもそもメンテナンスコーティングが存在しないコーティング屋さんもあります。

当店はと言うと、メンテナンスコーティングは必ず施工して下さいと言うものではありません。

メンテナンスコーティングの必要性はお客様の判断にお任せしています。

お客様自身で日頃の洗車が上手に行われていている場合は当店のメンテナンスを受けないでも綺麗に維持することができます。

逆にあまり管理に自信がなくプロに任せたい場合はもちろん当店のメンテナンスを小まめに受けた方が安心です。

当店のコーティングは、「初回施工」と「メンテナンス」の2種類あります。

初回施工は全て研磨を行いダメージをゼロ(リセット)にした状態でコーティングを塗り込みます。

メンテナンスは、研磨を行わないで出来ることをやりダメージの緩和をした状態でコーティングを塗り込みます。

中にはメンテナンスの度に研磨を行うと言う業者さんもいるようですが、

塗装には限りがありますので、メンテナンスの度に削ると言うのは良策ではないと当店は考えてます。

どうしても削らないと改善できない、削って欲しいと言う事でしたらその時その時の判断で部分的に研磨すると言うことも可能です。

しかし、いくら当店でメンテナンスを小まめに受けていても日頃の洗車を怠ると綺麗は維持できません。

コーティングをしたから洗車をサボれるではなく、洗車をすることでコーティングがより活きてくる。と言う考え方を持って頂きたいと考えています。

画像はメンテナンスコーティングを施工してるお車達です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする